<< 父と見た落日 | main | 花月 >>
ギフト
Canon EOS 30D / Canon EFS60mm F2.8 MACRO USM
ISO100, Av 0.0EV, F3.5, 1/80sec., WB:Manual

美しい花は神様がくれた贈り物です。

仏教では泥沼に咲く蓮の花を、汚れた世を救う美の象徴と説いています。
美しいものが持つ不思議な力は周囲の環境をも美化し、私たちの心を優しく救ってくれるのだと信じて止みません。
これからも美しいものを捉え続けて行きたいと願っています。

--

暫くエントリーできなかった間にも沢山のコメントを戴きまして本当にありがとうございます。
戴いたコメントにはすべてお返事させて戴きますので、どうかもう暫くお時間を下さい。
皆さんの元にも美しいものが放つ優しさが届きますように。
2007.11.21 Wednesday 01:05 | | comments(5) | trackbacks(0)
コメント
lunasysさん

こちらこそ、大変ご無沙汰をしております。

ご尊父様のこと、大変お心が痛まれていることと
存じますが、またこうして再開されたことは
私たちはうれしく、安心しておりますが、
どうかご無理なさらずにお過ごしくださいね。

そしてご尊父さまには心よりお悔やみ申し上げます。

一段と寒さが強まりましたので、どうぞ
lunasysさんも体調を崩されませんように。

今年のイルミネーションは海がテーマのようですね。
あの青いツリーの近くでお逢いするかもしれませんね(笑)

私も今年は仕事が多忙でまったく出かけられずにいますが、
身近なところでも、心惹かれる景色や風を感じて
またそれらに出逢えることに感謝をして過ごしていきたいと
思っていますので、これからも、
どうぞよろしくお願い致します。

スルー訪問でしたので、私もさかのぼり、コメントを
すこしずつですが書かせて頂きたく、
また画像のリンクをさせて下さいね。
思っております・・・
| つきうさぎ | 2007/11/21 2:45 AM |
●つきうさぎさん
いつも心温まるコメントを戴きまして本当にありがとうございます。
木枯らしの季節になるとやはりイルミネーションが心を温めてくれますね。
駅の近くに青い海のドームが新しく加わり華やかさを増しているようです。
最近はカメラを持った方も多く周囲を気遣ってなかなか撮影できなかったりします(笑)
こうして日常の暮らしを繰り返して行くことで、深い悲しみも霧が晴れて行くように消えて行くよう願っています。
拙い写真ばかりですが、少しでもお役立て戴ければ幸いです。
是非またのお越しを心からお待ち致しております。
| lunasys | 2007/11/23 10:39 AM |
随分とご無沙汰いたしております。

遅くなってしまいましたが
お父様の事
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

私も実母が手術をして
現在、治療入院中なので
とても他人事のように思えません。

大事な人がいなくなるというのは
想像もできないくらい悲しい事だと思います。

気持ちも安定しなくてお辛い事とは思いますが
無理だけはなさらないようにご注意くださいね。


ゆっくりとです。
| 智 | 2007/11/24 2:47 PM |
lunasysさん♪

さっそくの返信どうもありがとうございます。
すみません・・・先日のコメントの最後の行が
誤って載ってしまって申し訳ありませんでした。

取り急ぎお詫びにて・・・
| つきうさぎ | 2007/11/24 9:57 PM |
●智さん
いつもコメントを戴きまして本当にありがとうございます。
入院中は精神的にもとても辛い状態で写真を撮ることにも抵抗を感じていました。
この悲しみはいつまでも胸から消えることはないと思いますが、少しずつ父の死を受け入れられるようになって来たことで、父や叔父に恥じない写真を撮ることに集中できるようになって来たような気がします。
これからの人生を有意義に生きることをきっと望んでいるはずだと思えるようになったからだと思います。
まだまだ、不安定な毎日ではありますが少しずつ立ち直って行けるよう頑張りたいと思います。
お心遣い本当にありがとうございます。
是非またのお越しをお待ち致しております。

●つきうさぎさん
いつも本当にありがとうございます。
お気持ちは充分伝わりましたので、どうかお気になさらないで下さいね。
拙い写真ばかりですが、ほんの少しでもお役立て戴ければ何よりも幸いです。
是非またのお越しを心からお待ち致しております。
| lunasys | 2007/11/26 1:14 AM |
コメントする









     
この記事のトラックバックURL
http://lunasys.jugem.jp/trackback/182
トラックバック