<< Summer spirit | main | 懐旧 >>
開港150周年
Canon EOS 50D / Canon EFS17-55mm F2.8 IS USM
ISO200 D+, Av 0.0EV, F10.0, 1/500sec., WB:Manual

今年6月、横浜港は開港150周年を迎えました。
昨年の夏にはまだ建設途中だった防波堤も綺麗に出来上がっています。

150周年の記念事業として整備された象の鼻防波堤と日本大通りに面する広場は、横浜の新しいイベント会場として機能して行くことでしょう。

今年は函館、長崎港も開港150周年を迎えます。


JUGEMテーマ:写真


Canon EOS Kiss Digital N / TAMRON SP AF17-50mm F2.8 XR DiII
ISO100, Av 0.0EV, F5.6, 1/400sec., WB:Manual

1年前にエントリーした写真です。
建設途中の象の鼻防波堤の姿です。

一部は関東大震災で沈下した石積護岸の一部がそのまま保存されています。
150周年の記念事業として明治20年代後半の姿へと復元されました。
2009.08.19 Wednesday 21:12 | 風景 | comments(4) | trackbacks(0)
コメント
横浜港はまるで外国のようですね。
とってもきれい・・・
洗練された美しさ、とでもいいますか。
赤い靴の童謡が聞こえてきそうです。
(本当は悲しい歌だそうで・・・)
| ムーミンママ | 2009/08/20 12:40 PM |
●ムーミンママさん
山下公園にある赤い靴の少女の銅像が氷川丸が停泊する海の方を向いているのが、何かとても切なく感じます。
また、横浜市内を走る赤い靴号というバスがとても印象的です。
多くの観光名所を回りながらゆっくり横浜の街を楽しむことが出来ます。
美しい歴史ある街を大切にして行きたいと思います。
いつも本当にありがとうございます。
| lunasys | 2009/08/25 3:02 AM |
しばらくコメントも出来ずに拝見だけしておりました。
お変わりなくおすごしでしょうか。

150年前にも、このように晴れた日に、青い海原の向うにある異国を想いながら、人々はこの丘に立って眺めていたのでしょうね。
一年前の建設中の防波堤が、見事に美しく完成しているのですね!
普遍的に変わらぬものと合理的に変化していくものとが、お写真にとらえられているのがとても印象的に思います。

拝見させていただきありがとうございます。
| ema | 2009/08/27 12:06 AM |
●emaさん
いつもありがとうございます。
象の鼻防波堤はおよそ150年前の開港当時の姿を復元したもので、大きな客船が停泊する近代的な大桟橋埠頭とは対照的な姿を見せていますね。
これからの150年も平和で美しい港町であり続けて欲しいと心から願います。
| lunasys | 2009/10/13 12:08 AM |
コメントする









     
この記事のトラックバックURL
http://lunasys.jugem.jp/trackback/369
トラックバック