<< 冬日和 | main | 輝くこころ >>
臘梅
Canon EOS Kiss Digital N / TAMRON SP AF17-50mm F2.8 XR DiII
ISO100, Av +0.3EV, F13.0, 1/100sec., WB:Manual

輝く美しさは優しさの証
甘い香りはどこまでも隔つことなく届いてくれるのに

あなたへの想いも青空の向こうまで伝わってくれたなら
こんなにも悩み続けることもないないはずなのに



長い間をおいてのエントリーとなってしまいました。
日々の暮らしの中でも想いが伝わらずに上手く行かないことが沢山あります。

一度に沢山のことを上手く解決しようとしても、ドラマのように上手くは進展してくれないものです。
軽快に走り抜けて行きたくても、歩いたり転んだり少しずつ前に進んで行くことが出来ればそれでよいのかも知れません。

このブログをご覧いた皆さんに、言葉では伝えきれない想いを写真を通して感じて戴けたら何よりもの幸せです。
どうか今後とも宜しくお願い致します。

JUGEMテーマ:写真


Canon EOS Kiss Digital N / Canon EFS18-55mm F3.5-5.6 II USM + C-UP #4
ISO100, Av 0.0EV, F8.0, 1/160sec., WB:Manual

この冬は寒暖の差が激しく
雨や雪も多く余りお天気にも恵まれませんでした

久しぶりに晴れ渡った青空の下で
甘い香りと透き通るような美しさを振りまいているようでした




臘梅の由来について

一般には「蝋細工」のような梅に似た花であることから「蝋梅」の名になったと言われていますが、旧暦の12月(臘月)に梅のような花を咲かせるという意味で「臘梅」と呼ばれるようになったとも言われています。

グリーンライブセンター裏手のベネッセビルを背景に撮影しました。
ここの臘梅は花の内側が赤いのが特徴です。
2010.03.08 Monday 20:08 | | comments(6) | trackbacks(0)
コメント
lunasysさん♪

 お久しぶりですね。
どうしていらっしゃるかと心配をしていましたが
変わらぬ美しいお写真を、こうして拝見することが出来て
とてもうれしく思います。


 思うようにいかないことは多々あります・・・
自分では、こんなにがんばっているのにと
思っていることが、実は的を得てなかったり、
他の人の意見を聞き、他方面から考えてみたら
案外解決に繋がったりとか色々なことがありますが、
謙虚さと感謝を忘れずにいたいと思っています。

こちらで、癒されている時間が辛く厳しいことから
忘れさせてもらっています。

本当にありがとうございます。
これからもどうぞ、よろしくお願い致します。





| つきうさぎ | 2010/03/09 12:14 AM |
お久しぶりです。今回も素敵な写真に出会えてうれしいです。思い通りに行かないもどかしさ… どうしても抜け出せない現実の辛さに幾度、涙したことか。北国の春に似て、ゆっくりと確実に進んで行けたら、と思っています。素晴らしい記事に感謝しています。ありがとうございます。
| ムーミンママ | 2010/03/09 7:53 AM |
お花がくっきり鮮やかで美しい写真ですね。
この花は、梅よりも妖艶な印象をうけます。
その「甘い香り」を、私も嗅いでみたくなりました。

| May067 | 2010/03/12 12:44 AM |
久しぶりのエントリー
どうしていらっしゃるのかしら…
気になっておりました。

お写真の蝋梅は、珍しいですね。
質素な花の内側に、こんなに情熱的な色を秘めているとは。

まだまだ風の冷たい日が続いております。
どうぞお身体を大事にお過ごしくださいませ。
| ema | 2010/03/12 5:14 AM |
lunasysさん
エントリーありがとうございます。
安心いたしました。

もっと楽天的に生きられたら。。。と思うことがあります。
進んでも進んでも全然進んでないような気持ちに
はまり込んだり。。。

lunasysさんの美しい写真にまた心がふわっとなりました。
どうもありがとうございます。

| aqua | 2010/03/13 10:19 PM |
雪の舞い散る一日でした。
毎日、この素敵な写真を眺めては、春を待ちわびてます。

いい大人になったのだから、上手く振るまえるはず‥と思うのに、心は15の時のように立ち尽くすばかり。いくつになっても、伝えることはむずかしいです。

いつもありがとうございます。
おからだ、大事になさって下さい。
| bluemoon | 2010/03/17 10:11 PM |
コメントする









     
この記事のトラックバックURL
http://lunasys.jugem.jp/trackback/390
トラックバック