三日月と三分桜
Canon EOS Kiss Digital N / TAMRON SP AF17-50mm F2.8 XR DiII
ISO100, Av -1.0EV, F8.0, 30sec., WB:Manual

咲き始めたばかりの桜を強い北風が揺らす中、三日月が顔を出しました。
掛けられた提灯の明かりは色づいた蕾を照らしています。
心配そうに見下ろす月も桜の開花を待ち望んでいるかのようでした。


JUGEMテーマ:月を撮ろう


続きを読む >>
2009.03.30 Monday 23:46 | | comments(3) | trackbacks(0)
鏡月
Canon EOS 30D / SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO + CPL
ISO100, Av -1.3EV, F5.6, 1.6sec., WB:Manual

華やかな世界を見下ろすあなたには何が見えているのでしょう。

この輝きの元でも誇ることが出来る行いをしているでしょうか。
多くの人のために何か役に立つことが出来ているでしょうか。
夜空の月に問いかけながら実は自分の心に問い正しているのかも知れない。

月は穏やかな輝きを放ちながら問う者の心の内を映しているかのようです。

JUGEMテーマ:月を撮ろう

続きを読む >>
2009.03.21 Saturday 21:19 | | comments(5) | trackbacks(0)
初花月十五夜
Canon EOS 50D / 1250mm F9.6, ISO200 D+, Manual, F14, 1/125sec., WB:Auto

厳しい北風の中で煌々と輝く満月は神々しいまでの存在感で私達を見詰めています。

旧暦二月十五日は仲春にあたり中秋の名月とは対象となる月。
梅見月、初花月、麗月など二月の異名は春を感じさせます。

--

JUGEMテーマ「月を撮ろう」に賛同して下さる方は同じテーマでブログをエントリーして下さい。
JUGEM以外の方はトラックバックもお待ちしております。
JUGEMテーマ:月を撮ろう
2009.03.11 Wednesday 23:45 | | comments(9) | trackbacks(0)
Earthshine
Canon EOS Kiss Digital N / SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO + CPL
ISO1600, Av -2.0EV, F5.6, 1sec., WB:Manual

写真は昨年大晦日に撮影した五日月と金星です。
月の陰の部分がうっすらと見えている様子を地球照(Earthshine)と言います。
地球が反射した太陽の光で月の夜の部分を照らし出しています。

明るく見える満月も実は太陽の光を約7%しか反射していないことは余り知られていません。
一方の地球は北半球が冬を迎えると大陸には雪、空には白い雲がかかり、その反射率は38%を超えることもあると言われています。
そのうえ月面で見る地球は地上で見る月の13倍以上もの大きさがありますので、明るさの違いは80倍にも達することがあるそうです。

漆黒の闇であるはずの月面を満月の80倍も明るい地球が照らし出し、その光を再び私達が眺めていることになります。


JUGEMテーマ:月を撮ろう
続きを読む >>
2009.02.09 Monday 19:02 | | comments(7) | trackbacks(0)
Daylight Moonlight
Canon EOS 50D / SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO + CPL
ISO200 D+, Av 0.0EV, F8.0, 1/400sec., WB:Manual

頬を刺す風は冷たくても
心の中に北風の吹く隙間なんてない
あなたのことを想うだけで
いつも夢見心地なのかも知れない

天空の月が青空の中でも輝いていられるように
この気持ちも決して消えることはないのだから

JUGEMテーマ:月を撮ろう
2009.02.05 Thursday 23:10 | | comments(9) | trackbacks(0)
光と戯れる月
Canon EOS 50D / SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO + CPL
ISO200, Av 0.0EV, F7.0, 1/80sec., WB:Manual

華やかに見える惑いの世界でも、しっかりと自分を見詰めることが出来るあなたは今夜も輝いています。
冷たい北風の中でも暖かな気持ちが伝わって来ました。

--

月とイルミネーションで遊んでみました。
寒さが厳しくなるにつれて夜景や月の写真を撮るのがどうしても疎かなってしまいます。
辛い撮影が一転楽しくなります。

JUGEMテーマ:写真
続きを読む >>
2009.01.16 Friday 22:48 | | comments(7) | trackbacks(0)
金盃
Canon EOS 30D / 1250mm F9.6, ISO100, Manual, F14, 1/10sec., WB:Auto

新年おめでとうございます。
沢山のコメントを戴きまして本当にありがとうございます。

お正月は風邪をぶり返してしまい撮影にも出ないまま休日を過ごしておりました。
お陰で久しぶりにゆっくりと休養することが出来、これもまた新しい年の準備だと思うことにします。

年の初めの月は細く心許ないものでしたが日を重ねる毎に光を増し満ちて来ています。
美しくも柔らかな金色をした月がこれからの行く末を照らしてくれているようです。

皆様にとっても素晴らしい一年となりますよう心から願っています。


JUGEMテーマ:写真
2009.01.05 Monday 02:12 | | comments(12) | trackbacks(0)
霜月十六夜
Canon EOS 50D / 1250mm F9.6, ISO100, Manual, F14, 1/40sec., WB:Auto

大きく丸い月が昇ってから7時間、眩しいほどに輝く月が天高く昇っていました。
これから明け方に掛けての昴との接近は晴天にも恵まれ多くの方々の目に触れることでしょう。

夜空の月がより多くの方々の心に明るい行く末を照らし出してくれますよう願っています。

このところ風で体調を崩してしまい暫くブログをお休みして申し訳ありません。
なかなか思うように捗りませんが、少しずつエントリーを増やして行きたいと思いますので、今後とも宜しくお願い致します。

JUGEMテーマ:写真
2008.11.14 Friday 01:49 | | comments(5) | trackbacks(0)
居待ち月
Canon EOS 30D / 1250mm F9.6, ISO100, Manual, F14, 1/25sec., WB:Auto

満月は雲に阻まれてしまい一日遅れの月となってしまいました。
先月末の新月からずっと遠地点を移動していたために満月は17日夜で迎え、今日はすでに十八夜となっています。
また、近地点に近づいているために満月からたった1日でも5%近くも欠けていて見た目は十八夜といった様子です。

幾分白っぽく写っているのは薄雲のせいで、コントラストを欠いた画像になってしまっています。

月を撮影される方にとって少しでもお役に立てるようポイントだけご紹介して行きたいと思います。
35mmフィルム換算で2,000mmとなる焦点距離ではしっかりとした三脚が必要で、近くを電車や大きなトラックなどが行き交うようなところでは撮影できないほどです。
出来る限りしっかりした三脚に微調整の効く雲台が必要となります。
今使用している三脚はSLIK Pro 700 DX-AMTで雲台はManfrotto #410 Junior Geared Headです。
マンフロットの雲台はしっかりとしていて細かく調整できとても良いのですが、見上げ角が30°までしか上げられないために前後を逆にして使っています。

こうした設計を見ると、天空に向けて撮影するのは特殊な用途になってしまうのかも知れません。

JUGEMテーマ:写真
2008.10.16 Thursday 23:19 | | comments(5) | trackbacks(0)
Canon EOS Kiss Digital N / SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO + CPL
ISO100, Av 0.0EV, F8.0, 1/3sec., WB:Manual

先日、出張から帰った版に撮影したものです。
いつもは月の写真をオンタイムでエントリーしていますが、疲れてしまっていたのか撮影後にエントリーしないまま休んでしました。

間もなく満月を迎えようとしていますが、生憎のお天気が続いて一向に姿を現しませんので、数日遅れの写真をエントリーすることにしました。

300mm望遠での撮影ですがトリミングで600mm相当での画像にしています。
APS-Cサイズの撮像素子で撮影していますので、35mmフィルム換算では960mm相当の画像になっています。
とはいえ300mmのレンズには変わりありませんので解像度は300mm相当ですが、こうした雲の多い中での撮影では実用上十分な画像が得られます。

普段は余り撮影上のハードウェアなどについては書いていませんが、月を撮影される方にとって少しでもお役に立てるようポイントだけエントリーしていきたいと思います。

続きを読む >>
2008.10.12 Sunday 23:07 | | comments(1) | trackbacks(0)